読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フラッシュスピードライトがダントツに安い~!アフターストロボ 購入でポイントを「貯める」ならAmazonより楽天♪マーケット

通販
カメラに取り付けて動作させても問題ありませんでした。キャノン製と比べるとパッキンの造りが甘く、防水性能は低そうです。純正に比べるとボタンの押し心地や操作感!端子のカバーのフィット具合などが劣っているなど手にとってみないとわからない事がたくさんありました。

これっ!

2017年02月08日 ランキング上位商品↑

フラッシュスピードライト ストロボ アフター マーケット スピード【正規品 純正品 3ヶ月保証】Yongnuo製 YN 600EX-RT Speedlite Radio Slave Flash Canon専用 フラッシュスピードライト TTL機能搭載ストロボ TTL 1/8000s AS Canon 600EX-RT 世界に初めのアフターマーケット無線伝送スピードライト ゆうパック発送のみ 【新安価商品】

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

保護ケースにバックのベルトに通す仕組みがあります。耐久性の評価はまだできていません。二つ購入してワイヤレス撮影の練習をしてますが!私には充分過ぎるシロモノです。純正とほぼ同じらしく、ネットで見れる純正の取扱説明書を見ながら操作しています。またカメラをマスターにしてこのライトをスレーブにしてもちゃんと発行しました。楽天購入ですが、amazonから届きました。求めていたパワーアップとハイスピードシンクロは満足なのですが!肝心のズーム変更がワイヤレス制御出来ません(機能が無い)YN-600EX-RTをクリップオンした状態でマスターとして!別のYN-600EX-RTをスレーブとして設定した場合は!マスターのYN-600EX-RTで各ズームの遠隔操作は出来るのですが!私の場合クリップオン上での正面からの照射は位置的に行なわない為!無意味となります。ただ、600EX-RTとそっくりですが細部がところどころ異なりとまったく同じではありません。今までYN560-TXでYN-560-3をワイヤレス多灯制御していたのですが、ズーム領域とパワーアップ(GN)、ハイスピードシンクロを求めて、YN-E3-RTとYN-600EX-RTを購入しました。方にはぴったり。一灯撮影で!クリップオン状態のYN-600EX-RTから使う場合は!例えば!ETTLモードでの撮影なら!レンズのズームと連動でYN-600EX-RTのズームが20mmから200mmまで自動で出来るので便利だと思います。。yongnuoシリーズは「お値段以上」ですが、他の大陸製品は大概「お値段通り」です。TTLでの撮影は、+2/3ほど明るくなりますが、光量を調整すればまったく問題ありません。耐久性とかはこれかからです。中華シリーズの中でも、yongnuoとGODOXは私の定番です。2灯目です。また!これ一台だけではまだ不安が残るので予備の持参は必須かと。ハードな使い方はしないのでこれで十分と感じました。純正品だとこの倍はするので良い買い物だったのではと思います。ただ純正に混ぜてグループ制御で手元で調整出来て多灯組めるのは超便利です!まだ300ショットくらいしか発光させてませんので不具合は出てませんが様子見ながら使っていきたいと思います。ただ、到着したとき本体に何かの角にぶつけたような痕跡があったのと、コードを縛るひもがビニール袋に入ってはこの底にありました。600EX-RTと操作が一緒です。CANONの600RTや430の半分以下で同じ機能が使えるとあるので買いました。初めてのストロボなのでお金もさほどかけたくない…でも失敗したくないと思いレビュー等で調べこちらを購入しました。ちなみに、よく書かれていますが、本家の製品と比べて製品が悪いとか間違っています。キャノン600EX-RTと操作がほとんど一緒で使いやすいです。耐久性だけがちょっと心配です。不良にも丁寧に対応して頂き感謝しています。純正のST-E3-RTと430EX III-RT二台を合わせてオフカメラで多灯ライティングしています。マクドナruドに行って席まで注文を取りに来ないと言っているようなものです。純正の600EX-RTと比べてほとんど遜色ない機能!造りの良さがあり開封してみて驚きました。仕事でも十分使えるレベルです。バッテリーパックをつなぐコネクターのゴムのカバーが緩いですが!値段を考えれば不満は無いです。こんな事は、値段から考えれば、許容範囲です。操作性やチャージの早さなど!SP600EX-RTと遜色はありません。機能は!ズーム機能が無いのを我慢すれば!マニュアル撮影はOK。仕様は!光量・色温度は比較できませんが!RAW撮りでlightroomがあれば問題ないと思いますので!気にしてません。取説は英語と中国語ですが!純正品とほぼ同じなのでそちらを参考にすると良いと思います。機能的には満足です。EOS60Dにて問題なく使用できました。不満足に変化するならば、耐久性能だけですね。実際に海外のフォトグラファーが数名、動画サイトで使用しレビューしているのを見て購入したのですが実物もしっかりしたものです。ストロボなんて!ちゃんと光れば良い。すぐに届きました。YONGNUOのYNE3-RXとYN-E3-RTとCANONの600EX-RTと取説を読まなくても、こんな感じかなで簡単に連動して感動しました。チャージ時間はフル発光で約2.5秒!1/2発光で約0.5秒!1/4発光で0.5秒以下でワンショットの指連射には追従します。カバンに入れなくても!バックのベルトにくっつけて持ち運びできるので!結構気に入っています。中華製品のyongnuo製品は安くて使いやすい。これはショップに連らしてすぐに交換してもらいました。ってことは、***円安いamazon本体購入との価格差は安心3ケ月保証だけで、輸入ルートに変化は無い?YN-E3-RTを使用したマニュアル使用での確認です。取説に日本語が有れば完璧です。作りは!ぐらつきや防塵の雑さはありますが!樹脂整形バリがあるわけでもなく!見た目はgood。キャノン製品を使っている人は迷わず使えると思います。一つ買ってみて問題無さそうなので、多灯撮影の練習にと買ってしまいました。ちなみに商品説明の記載とは違っているようですが、オートズームは純正と同じく200mmまでいけます。純正が高価すぎて手が出せずに困ってました。世の中、価格と性能は比例します。単体でもワイヤレスで多灯ライティングでも使えて便利です。クリップオンで使う場合、当方のカメラ(CANON EOS 6D)での設定変更はカメラ内の設定が優先になりますので、YN-600EX-RTの設定を(M)に変更してもカメラ内の外部ストロボ制御が(ETTL)になっているとシャッターを半押しした時点で(ETTL)になりますので注意が必要です。YN600EX-RTを2つと純正の600EX-RTを混ぜてスタジオで使用しました。画面もそっくり。保証期間が過ぎて一灯光らなくなってしまいました;やはり当たり外れがあるようで耐久面は不安があります。コストパフォーマンスを考えれば納得できると思います。光環境がころころ変わる場所での撮影でもTTLが使えるので重宝しています。チャージ時間は430EX III-RTより早いですし!バッテリーパック(社外品)もつなぐことができるので!もう一台追加購入しようかと考えています。YN-ST-E3もセットで購入し!多灯ライティングで撮影しています。6DでST-E3-RTをマスターにしてスレーブ2灯で使用しています。中国語か英語どちらも出来るので、難なく遣い込むことができます。もちろん広角撮影で、手動ズーム200mmとして、スポット的に撮影することも出来ますが、YN-E3-RTで離れたYN-600EX-RTのズーム比を変更しようとしたら、そこまで行って個別に変更しなければならないので、その点だけではYN560-TXが使いやすいです。と考えている。CANON純正との違いは、フィルターの色検知が無い、バウンスのロックが無い、液晶表示が微妙に違う。キヤノンの430EX3の発売が待てず、急ぎで必要だったため導入しました。